韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

やっぱり日本語は難しいと思ったこと。。。

 

自分の文章を見ていて、

これは危険!と思った部分が。。。

 

昨日、

『言葉に厳しい私の好きなアナウンサー安藤優子さんまで』

と書いていたのですが、

 

私は、

『言葉に厳しく正しい日本語を使う安藤裕子アナウンサー』

安藤裕子アナウンサーは、私の好きなアナウンサーです』

という意味で書いたのですが、

 

この文章、

『日頃から言葉遣いに気をつけている、

 言葉の使い方に厳しい私。』という意味に取れますね(;´・ω・)

 

 

ふと気になり、再度文章を読み返した時、

『これ、解釈の仕方によっては、

 (私は言葉遣いに厳しいのよ!)』

と高飛車発言にも取れるなと思い、

 

私の好きな言葉に厳しいアナウンサー安藤優子さんまで』と

書き直したのですが、ほんとに日本語は難しいと感じました。

 

『言葉に厳しい』という言葉が、『私』にかかるのか、

安藤裕子アナウンサー』にかかるのか、

そこが違うだけで、

 

『言葉遣いに厳しい私』になるか、

『言葉遣いがとてもしっかりしている安藤裕子アナウンサー』になるか

意味が、ここまで違ってくるのかと思うと、

文章を書くのがあまりうまくない私が

翻訳の仕事をするのは大丈夫なのか?と不安が出てきました。

 

翻訳をした後、チェックをしてくれる人がいるらしいのですが、

あまりその方の手を煩わせたくないので、

もっと勉強をしないといけないなと思いました。

 

それも、いまさらですが、日本語の勉強を。。。

 

 

学生時代は、

『日本人なのに、なんで国語なんてやらないといけないんだよ。』

と不満だったのですが、今となっては、

『もっとしっかり国語の勉強をしておけばよかった。』と

後悔しています"(-""-)"

 

母国語なんだから、習わなくても問題ないでしょ等と思っていましたが、

全然違いました。

 

使い慣れた言語だからこそ、見えなくなっていることがあるんだなと

思いました。

自分のことなのに、自分で自分が分からない感じに似ているというか。。。

 

大人になり、勉強の大切さに気がつくと、

勉強し直したい教科が国語以外にもあります。

 

『大人のためのやり直し学習塾』のようなものがあればいいのに。