読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

日本語と逆だから覚えやすい単語

韓国語の어서は、『オソ』と発音するのですが、
意味が、『早く』。


韓国の歴史ドラマでよく、
『オソ、オソ』(早く早く)
と言っているのですが、

『オソ』と聞くと、『遅い』という意味が頭に浮かぶので、
『オソ』と言いながら急いでいるのを見ると
最初は違和感を感じていました(;^_^A


これは覚えるまで時間がかかるかなと思ったのですが、

『어서(オソ)』と聞こえるたびに、
『어서』は『早く』と心で唱えるようになったら、
意外と短期間で覚えてしまいました(-^□^-)

 

『早く』という意味の言葉は、

어서(オソ)  : 速やかに
빨리(パルリ) : (時間的に)速く
일찍(イルチク): 早く

の上記3つがあるそうです。


例えば 友人と遊ぶ約束をした時。

13時待ち合わせなのに、30分前に到着した場合、
個の時、早く到着したというときは、
『일찍(イルチク)』を使うそうです。


この場合は、『어서、빨리』は使わないそうです。


ただ、現在、韓国人はこれを区別していないようです。


日本でも、『全然』や『やばい』などの単語の意味が
時代によって変わることはあるので、

どの国でも言葉の意味は、
時代によってどんどん変わるみたいですね。


やっぱり言葉を学ぶときは、独学は限界があるかもしれない。。。


当分は独学でやるしかないけど。


의미(ウィミ)    : 意味
단어(タンオ)    : 単語
낱말(ナンマル)   : 単語
단어장(タノチャン) : 単語帳

외우다(ウェウダ)  : 覚える


【例文】
단어를 매일 100개 외우다.
(タノルル メイル ペッケシク ウェウダ)
毎日単語を100個覚える。

↑ほんとにこんなことが出来ればいいけど(^_^;)