韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

日本語と逆だから覚えやすい単語 2回目

서로(ソロ) : お互いに

 

『ソロ』という発音だけ聞くと、

『一人』と思ってしまいますが、

韓国語の『ソロ』は『お互いに』という意味。

 

 

聞いたばかりの時は、

『ソロ(一人)なのに、お互いにという意味になるの!?』

と驚いたのですが、

 

これも日常使っている言葉の意味と逆なので、

意外と記憶に残ってすぐ覚えてしまいました!(^^)!

 

単語を覚える時、母国語と意味が逆など、

意外性のある単語の方が覚えるのが早いかもしれません♪

 

逆に覚えにくいのが、

イメージと違う発音の物。

 

韓国語で虹は、『무지개(ムジゲ)』。

 

『ムジゲ』って、毛虫等の変なものを創造してしまい、

綺麗な『虹』と関連付けるのが難しいので、

何度、『虹はムジゲ』とブツブツ言っていても

覚えることが出来ません(-_-;)

 

『ムジゲ』は、『虹』

 

早く覚えてしまいたい!

 

韓国ドラマを観ていると、

人名で、『하늘(ハヌル):空』とか、

『천둥(チョンドゥン):雷』とか、

野菜売りのおばさんを『야채(ヤチェ):野菜』

と呼んでいるので、ドラマを観ていると

単語を覚える練習になるので、やっぱりドラマを観るのは

フレーズを覚えるのにも使えるけど、

単語を覚えたい時にもいいなと思います(^^)/

 

もっとドラマを観て色々覚えるぞーーー!!!