韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

わかめスープ

またまた韓国ドラマの影響で

ビビンバを無性に食べたくなったので、

焼き肉屋に行き、美味しいお肉とともに

ビビンパを食べました♪

 

その時、ビビンパにわかめスープがついてきたのですが、

韓国は、誕生日にわかめスープを飲むようです。

 

なぜ誕生日にわかめスープを飲むんだろうと

不思議に思ったので、ちょっと調べてみたところ、

 

韓国では産後、母親が2~3週間ほど回復食としてわかめスープを

毎食食べるそうです。

(わかめに含まれているミネラルが血液を浄化し、

お乳の出をよくすると思われているからなそうです。)

 

出産後、我が子の成長を祈り母親が食べたわかめスープを

誕生日に食べ、母親が自分を産んでくれたことへの

感謝を忘れないようにわかめスープを食べるそうです。

 

韓国の誕生日は、

誕生日の本人を祝うより、

母親への感謝の気持ちを再確認するという、

親のための日なようです。

 

この考え方は素敵ですね。

実は、ずっと疑問に思っていたことがあるのです。

 

誕生日に、親が子供の誕生を祝って誕生会を開くのは

分かるのですが、

なぜ、『お母さん、頑張って産んでくれてありがとう』

がないのかな?と思っていたのです。

 

母の日があるわけだから、それでいいじゃないか

とも思いつつも、『〇年までの今日、頑張って産んでくれてありがとう』

と誕生日に母親に感謝するのもいいのではないかと思っていたのですが、

韓国でそういうことをちゃんとしていたんですね。

 

今年の誕生日からは、私も母親への感謝を

してみようかな。