読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

今の私にとって少々恐ろしい話

2年ほど前にネット上で、
『機械化によってなくなる職業』が
載ったことがありましたが、

その時は『社会が機械化される』
ということにあまり実感がわかず、
あまり気にとめていませんでした。



『機械化により、
20年後にはほとんどの職がなくなる』
と最近テレビでそんな話題を取り上げていたので、


少々気になりなくなる職業一覧を見てみたら。。。

なんと、『翻訳』も入っているじゃないですか!!!

 

私は今、2年後にもらえる予定の韓国語翻訳のため

勉強を始めましたが、


これを見たとき、『今勉強していることって意味あるの!?』

と疑問を感じ、少々不安になったので、
韓国語翻訳の話をくれた人に話を聞いたのですが、

『今は2年後に仕事があるとしか言えない。
もしかしたら、なくなってるかもしれないし、
あるかもしれないし、今は何とも言えない。』

 

『翻訳業についている人たちは
それこそ将来の仕事をどうしようかと不安だよ。
歳取ってる人は簡単に転職なんて出来ないからね。』

 

『実は、あなたに翻訳の話をした理由は、

10年後には翻訳業務がなくなると知った人が

転職することになり、学校卒業・資格取得、退職の

予定が2年後なの。それで空きが出るから話をしたんだけど、

もしかしたら、その穴埋めをする必要がなくなる可能性も

あるんだよね。』

と言われ。。。

 

なんとも言えない複雑な気持ちです。


自分の心配ばかりしていられないなと思いました。

職がロボットに取って代わられることで不安を感じているのは

私だけではなく、皆そうなんですよね。

 

翻訳の仕事は一時しのぎになる可能性が高いので、

私も他に出来ることを考えないといけません。。。

 

 

機械化によって生活が楽になる反面、

それによって苦しい思いをする人がいる。

というか、少数の人が困るわけではなく、

人類のほとんどがその対象になりそう。。。

 

ロボット化をしようとしている人たちは、
楽になることだけではなく、
その代償は考えているのかな。。。

 

何かの番組で、『開発者や科学者は自己の追及心を
満たすだけ。それによって発生する損など負の面には目を向けていない。』
と言っていたけど、

 

ロボット化を進めるときに、

合わせて対策を講じている人はいるのだろうか。。。

 

ロボット化になった後、

生活がどうなるのかとても気になったので

色々調べてみたのですが、

『なくなる職業』というのはネット内に多々あるけど、

 

『人間は〇〇をして生活をする』などの疑問解決記事がないので

ほんとに不安が募るだけです。

 

この10年20年で劇的に社会全体が変わるようですが、

私はどう変わればいいのか、

今から準備出来ることはないのか、

 

とにかく不安です(=_=)