読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

語学学習について

ここ数日、『語学学習って何のためにするんだろう』

と考えていました。

 

数年前、

『今後性能のいい翻訳機が出てくるのに、

なんで勉強してるの?くだらない。』と

一生懸命英語の勉強をしている人にひどいことを

言っている人がいましたが、

 

その時はよく考えなかったのですが、

自分がその立場になり改めて考えたところ、

 

語学学習は、

その国の文化や習慣、食、歴史など

言葉以外のことも勉強することになるし、

そもそもその背景が分からないと

なぜこんな言い回しをするのか理解できない場合もあります。

 

通訳・翻訳機に頼るのもいいと思うのですが、

その機械がここまで細かな情報を教えてくれるのかというと、

それは難しいだろう。。。

 

それに、機械が訳してくれるのは、

あくまでも基本系の訳になる気がするのです。

 

字幕で映画やドラマを観ているときに思うのですが、

 

例えば、『Hello』の一言を、

『やぁ』、『どうも』、『久しぶり』、『はい』など

『こんにちは』以外で訳している場合もあるんですよね。

 

『久しぶり』と訳されてると、

『??? Long  time  no  seeとかじゃないの???』

と違和感を感じたりすることがあります。

 

私は字幕で観るのが好きなのですが、

その理由は、直にその言葉を聞いた方が、

話の内容をより理解できるからなんです。

 

考えてみれば、翻訳というのは決められた文字数でしなければいけないため、

不要と思われるところは削ったり、

翻訳家の好みなどに左右されたりするため、

本来の意味と違うように訳される場合もあります。

 

日本語の『神隠し』や『妖怪』など、

英語には正確に『妖怪』などを表す言葉はないし、

 

『神隠し』や『妖怪』などを日本語ネイティブ以外の人に

説明しようとしても、日本の文化や歴史に理解のない人に

説明をするのはとても難しいし、

『悪魔(サタン)的な感じだよね』で済まされてしまうので、

『違う。そうじゃないよ。』と思っても、

結局自分にとっても、相手にとっても十分な説明は出来ない。

 

翻訳機ってほんとにすごいものだと思いますが、

この機械のせいで自国以外の歴史・文化等を理解しようと

思う人が減るのか。。。

こんなこと、私ごときが心配することではないですが(;^_^A

 

2年後の韓国語翻訳の仕事について、

ほんとに仕事をもらえるのか不明だし、

一瞬、韓国語の勉強をする意味ってなんだ?と考えてしまいましたが、

単なる語学学習ではなく、

その国の文化や歴史などを勉強すると考えれば

何も意味のないことではないと思いました。

 

それに、人と話すとき、

機械を付けている人と話すより、

機械なしで話す人の方が好感が持てます。

(あくまでも私の場合ですが(^^)/)

 

『あなたと日本語で話したくて、

今日本語を勉強しているんだ。』と言われると

とても嬉しく感じます。

 

外国の人と関わっているとき、

自国の言葉や文化に興味を持ってもらえるのは

とても嬉しいことです。

 

今までは翻訳機がないため、

語学学習をするのは当たり前なところがありましたが、

それでもやっぱり、『日本語勉強する(勉強してる)』と

言われるととても嬉しかったです。

 

ということは、完全なる翻訳機が出来たとき、

それでも語学学習をしてると言われたら、

『今こんな便利な機械があるのに、それでも勉強してるなんて♪』

と今感じている物より、もっと嬉しく感じると思います(^^♪

 

ただ、これは私個人の思いなので、

皆が皆『勉強してくれて嬉しい』と思わないと思います。

『便利な機械があるのに勉強するなんて、

くだらないことに時間を使ってバカじゃない』と言う人もいるでしょう。。。

 

それでも、韓国語の勉強が楽しくなってきたので、

『翻訳の仕事のため』ではなく、『趣味』として勉強し、

もし運よく2年後に仕事がもらえたら『良かった!』

くらいでいいかなと思いました!(^^)!

 

さて、今日も韓国語の勉強するぞーーーーー!!!