読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

片づけはほどほどに。。。。

学生時代もそうでしたが、
勉強していると、無性に部屋を片付けたくなります。

 

こういう現象は自分にだけ起こることなのかなと思っていたら、
ある時テレビで意外と同じような人が大勢いることを知りました。


心理学の世界では、このような行動を、
『セルフハンディキャッピング(Selehandicapping)』と言うのだそうです。


これは何かというと、
自分の目的を達成できなかったときのための『自己防御』、『言い訳』

なんだそうです。

 

ダメだった時、自分を正当化するために、
本来勉強に使うべき時間を『掃除をする』という時間にあてて、
『あの時掃除しなければもっと勉強出来たのに』とするためなそうです。

 

『人間は自分の意思で行動をしている気になっているが、
結局脳に支配されコントロールされている。』

と何かの本で読んだことがあるのですが、


私は自分の脳に支配され、

『言い訳』の術中にまんまとはまっていたのか!?

 

というわけで、このことを知ってからは

片づけをしたくなっても片付けず、

とにかく『勉強をする』ということのみするようにしてきたのですが、

 

ここ数日、どーしてもどーしても部屋の片づけがしたくて、

というか、部屋の模様替えがしたくなり。。。

 

我慢できなくなったので、

今日、ついに部屋の模様替えを始めてしまいました(;'∀')

 

少々後ろめたさはありますが、

配置を変え、物を片付け、いらない物は捨てるということをしていたら、

どんどん部屋がきれいになり、

 

ほんとは部屋の一部分だけを片付けようと思ったのですが、

結局部屋全体を片付けようと予定変更してしまいました。

 

でも、勉強する時間がこれでなくなっては問題なので、

『10分片付けたら20~30分勉強する』と計画を立てたので、

勉強する時間は確保しているので今のところは

片づけが勉強の邪魔になっていません!(^^)!

 

紙に覚えたい韓国語単語を書き壁に張ったので、

単語をブツブツ言いながら片付けているので、

片付けている間も勉強出来ているし、まぁまぁ順調です♪

 

 

大人になって勉強の仕方を色々見つけたのですが、

こういう『紙に書いて壁に貼る』という簡単な方法すら

学生時代には思いつきませんでした。

 

学生時代の私はほんとに勉強の仕方が下手くそでした。

 

社会人になってから思ったのですが、

学校の勉強ってやることに意味があるんだと思いました。

 

学生時代、『こんなの勉強して大人になってこの知識は何の役に立つんだ』

なんて生意気なことを言っていたけど、

『覚える内容』に意味があるのではなく、

『勉強をすること』に意味がある。

 

『受験』という目的があり、

その目的を達成するためにはどうすればいいのか。

どう計画を立てて、どう進めるのか。

立てた計画を問題なく進めているのか。

進捗状況を確認し、問題点を洗い出し、再度計画を立て直す。

 

こういうことを学生時代にすることによって、

就職後、与えられた業務を問題なく遂行するにはどうするのかを考え、

進めることが出来る。

 

『学生』と『社会人』だと、『勉強』と『仕事』と

やることは違うけど、基本的な進め方は同じなんですよね。

 

あぁ、、、

なんでこのことに今まで気がつかなかったんだろう。

(それは私が馬鹿すぎるから。。。。(=_=))

 

たまーに思うこと。

『記憶はこのままで小学校1年生の頃に戻り、

小学校1年生からやり直したい。』

 

今日もまたそんなことを思いました。

 

タイムスリップは難しいだろうから、

コナン君みたいに薬を飲んで体が小さくなり

小学生からやり直しとか出来ないかな。。。( *´艸`)

 

ただ、一つ疑問なのは、

薬で小さくなった体はまた成長することは出来るのか?

 

 

でも、現実でもあのような人の体を大きくしたり小さくする薬の研究をしている人っているのかな?

 

タイムマシンを作って過去に戻って人生をやり直すより、

体を小さくして子供の頃からやり直す方が早そうだよな。。。等と、

またどうでもいい妄想が止まりません( *´艸`)

 

   망상(マンサン)    : 妄想

   피해망상(ピへマンサン): 被害妄想