読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

それを言っちゃーおしまいよ。

韓国ドラマ『バラ色の恋人たち』

全52話で長いなーーーと思っていたのですが、

ついに最終回を迎えました。

 

と言っても、私はまだ51話までしか観ていませんが。

 

主役であろうジャンミ(女性)のパパさんなんですが、

当初から自分の『のし上がりたい!娘は財閥の嫁にするんだ!』という

野望に忠実で、娘の恋心なんてまるで無視の自分勝手なことばかりしている

とんでもない父親だったんですが、

もうこれやったらただの『人間のクズ』になりさがっちゃうよってことを

してしまったんですよ。。。

 

ジャンミの彼氏は養子だったのですが、

その彼の実母がなんとグループ会社の会長だったんです。

 

で、それを知ったジャンミ父は『娘を財閥の嫁にできる!』と

それまで反対していたのに、態度をひるがえし2人の結婚を許したんです。

 

その後ジャンミ父は賄賂を受け取ったということで

捕まることになるのですが、その時ジャンミ彼を彼の家に連れていき

 

『チャドル君は私の娘婿なんです。』からはじまり、

『会長の力があれば賄賂の濡れ衣は晴らせます。

 力を貸してください』と言うのですが、

 

正義感の強い会長は、『ご自身で解決してください』と断るんです。

チャドルも『こんなことはやめてください』と言って止めるのですが、

 

『何のために娘との結婚を許したと思ってるんだ!

 こんな時のためだ!

 役に立たないなら娘との結婚はゆるさん!!』

等と言ってチャドルを殴るのですが。。。。

 

そんな本音を言ったらだめだよね。。。

これじゃあ後で謝っても許してもらえないんじゃないの!???

と観ていて少々怖かったです*1

 

韓国ドラマって日本のドラマではなかなか観れないシーンがよくあるので

ある意味面白い。。。

というか、ためになるかな。

 

日常で『このヤロー』と思うことがあっても、

それをそのまま言っては場の空気が乱れるし、

その場に2度と行けなくなる。

 

けど、心のどこかでたまーーーにですが、

『今本音を言ったら皆どんな反応をするんだろう???』

とどうしようもない好奇心にかられることがあります。

 

が、韓国ドラマを観て、

『やっぱりこうなるよね』、『これやったら人として終わるよね』

と言うのがよくわかりました。

 

なんだかどんどん韓国ドラマにのめりこんでいる自分がいます!(^^)!

 

さて、次は何を観ようかな♪

 

 

 

 

 

*1:+_+