韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

韓国ドラマ『イブの愛』

韓国ドラマ『イヴの愛』。

全86話と長編です。

 

23話まで録画したので、今日は運動しながら一気に観ていたのですが、

『これぞ韓国ドラマ!』という感じのドロドロぶり(;'∀')

 

こういうのを観ていると思ってしまうこと。

 

『純粋は自身の身を亡ぼす。』、

『多少の悪を心に飼いましょう』

 

ホントは純粋でキレイ心を持った人間ばかりならいいんだけど、

世の中そんないい人ばかりではないからね。。。

 

自分で言うのもなんですが、

10年以上前の私はとても純粋でした。

人を疑うことを知らず、

この『イヴの愛』の主人公と同じように

人を信じては騙されたり裏切られてを繰り返す。。。

 

私を嫌って態度が悪くても、

『それは私が悪いから』と受け入れ、

相手が都合悪くなった時泣きついてきたら助け、

その人が元気になるとまたいつもの嫌な態度に戻っても

『私が何かしたんだろうか?』と反省する始末。

 

今、心に闇を持った私は当時の自分に言いたい!

『そんな奴に優しくしてるんじゃない!このばかたれ!』って。

 

なので、このイヴの愛の主人公を観ていると、

『早く気がつけ!婚約者も友人も悪い人間なんだ!

 そんな純粋に信じ続けているといつか痛い目にあうぞ!!!』

と思ってしまうのですが、あれよあれよという間に

主人公はひどい状況になっています。

 

よく、『悪さをしているといつかバチが当たる』と言いますが、

今まで悪さをしている人が痛い目にあっているところを見たことがありません。

 

痛い目にあうのは、なぜか人を信じよう、大切にしようと思っている人ばかり。

 

悪さをする人間って神経図太いから罪悪感って感じないみたいですね。

 

『ひどいことしないで!』と言うと、

 

『じゃあ、あなたは全ての人に優しいの!?

 悪いことを一度もしたことないの!?』

等と言ってくる。

 

純粋な頃は、自分の中の罪悪感を刺激され、

『そうだ。私だって気がつかないうちに人を傷つけているかもしれない。

 人のことを責めてるばかりじゃない。自分はちゃんとしているのか?』

等と反省をし、自分を傷つけた人間の言いなりになっていたんですよね。

 

ほんとバカヤローです。

 

『やめてくれ』、『謝って』と言ったときに、

『じゃああなたは。。。』等と相手を責めだし反省しない人間とは

その瞬間から関係を断つべき!

 

チンソンアさん(イヴの主人公)、

いったいどうなるんだろうか。。。

 

せめてドラマだけでも悪人が痛い目にあってほしいですよ(-"-)

 

 

とりあえず、この主人公を裏切った婚約者。

主人公からもらったお金を返してあげて!

 

主人公の友人と浮気しておきながら、

借金返済用のお金を主人公にもらい、

挙句の果てに色々な陰謀に加担し主人公を陥れておいて、

 

『俺を絶対に許すな』というだけで、お金を返さないなんて。

 

今後どれだけひどいことになっていくんだろう。