韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

ご説明。。。

普段使っている日本語で、

何が正しいか不明な言葉が多いです。

 

雰囲気でいっか、と適当に流してきたのですが、

外国語を学ぶのと同時に、自分の使っている日本語も正しいのか

見直してみよう!

 

ということで、ずっと気になっていた、

『ご説明させていただきます。』について。。。

 

仕事中よく聞く言葉なんですが、

私はこの表現には違和感を感じます。

 

違和感を感じた理由は、

・自分の行動を丁寧に言い過ぎなのではないか。

・『ご』をつけたうえ、さらに、『させていただきます。』って

 なんだか、丁寧+丁寧でしつこく感じる。

 

でも、違和感を感じ続けていただけで、

間違えているのか正しいのかは分かりません。

 

調べてみると、

 

『ご説明させていただきます。』は、二重敬語ではないかと悩んでいる人が多い。

 

よかったぁ。。。私以外にも思っている人がいた。

と、なぜか不思議な安堵が♪

 

自分が説明するときに、『ご(御)』をつけるのが、

正しいのか間違いなのか、これについて、学者の間でも、

『正しい』という人と、『間違えている』という人がいるそうです。

 

え、、、専門家でもはっきりしていないなんて。。。

 

『正しい』と言っている学者は、上司・クライアントへの手紙や説明、

電話等、向かう先が目上の人の場合、

『お』、『ご』をつて問題ないとしているそうです。

 

『させていただく』がくどく感じる人は、

『ご説明いたします。』、『ご説明申し上げます。』と言えばいいそうです。

※この場合の『ご』は、謙譲語の『ご~いたす。』、

『ご~申し上げる』の一部のため、全く問題ない。

 

 

そういえば、歴史ドラマを観ていると、

『殿ーー、ご説明申し上げまする~~。』とか言ってたな。

 

『左様にございまする~。』、

『申し上げたく存じまする~。』、

『拙者、○○にございまする~。』とか。。。