読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

そういうことだったのね。。。

『プログラミングが分からない人はこう思ったらいいよ。』

という記事を読んでいくうちに、

 

どうとらえて、どう考えたらいいのか、

少し、ほんとにほんの少しですが、分かりました。

 

そして、その状態で山積みになって長いこと放置していた

プログラムの本を読んだら。。。。

 

やだ、いまさらだけど、

なんか分かるーーーーー。。。。。。。

 

私は何をするにも、まず全体から見ていくタイプ。

100がMaxなら、100を見て、

1をやると100になり、30をやると100になる

という理解をしていくのです。

 

なので、『これをやったらこうなる。』という最終形態が見えないと、

全く理解が出来ないのです。

 

私が外国語学習をするときに、単語数にこだわるのもこういうことです。

日常会話に必要な単語は○○。

ビジネス会話なら○○。

これを確認し、日常会話なら、レベル1~50までの単語を覚える。

それにプラス時事なら、レベル60まで覚える。

 

全体像が見えれば、自分で逆算して目標立てが出来るのですが、

プログラムって、全体像が見えにくい。

 

私がよく周囲に

『画面Bを作ります。

 このコードは、画面B-1、このコードは画面B-2になる等が

 分かれば、覚えることが出来ると思います。

 

 このコードはなんのために書くんですか?

 それを一つ一つ教えてほしいのです。』

と聞いていたのですが、

 

『え?なに言っているの?

 うーん、ごめん、あなたが何を言っているのか全く理解出来ない。

 

 あのさ、人に聞く前に、自分が何が分かっていないか

 ちゃんと確認してまとめた方がいいよ。

 そういう状態で人に物を聞くのはすごく失礼。』

と言われました。

 

あの当時の先輩、ごめんなさい。

 

今、プログラムの本を読んでいて、

『このコードは、画面Bの表1になる。

 このコードは、画面Bの右枠1になる。』等、

なんのためにこれらのコードを書くのか分かりました。

あの時、疑問に思って先輩に聞いたこと、自己解決出来ました。

 

そしたら、自分でもびっくりするくらい本を読み進めることが出来るのです。。。。。

 

これって、当時、うまく説明できなかった私が悪いのか。

相手が悪かったのか。。。。

それとも、どちらも悪かったのか。。。。

 

それは分かりません。

 でも、今の状態の私なら、

同じことで悩み、疑問をかかえ困っている人がいたら、

たぶん、少しは説明できるかな。。。

(少し分かったくらいで、言い過ぎかな。うぬぼれ自意識過剰(笑))

 

そうそう!オブジェクト指向のことも少し分かりました。

 

当時は、ほんとにちんぷんかんぷんで、

あまりの自分の頭の悪さに嫌気がさし、

たまに、自分で自分の頭をたたいたりしました(^-^;

 

当時、

オブジェクト指向を理解する場合、、、、

 

 車をイメージすればいい。

 これがタイヤで、ハンドルで。。。』

等と説明されたのですが、『タイヤ?』、『ハンドル?』

何それ?と思っていました。

 

タイヤ=コード1、ハンドル=コード2とはならず、

車を例えに出し説明された途端、

さらに分からなくなりました。

 

 

eng-entrance.com

 

ところが、この上記のサイトに記載されていたこれ↓↓↓↓↓↓

 

「独立したパーツみたいなものを作っておけば、あとから使い回しできて楽じゃん」くらいに思っておけばいいのだ。100%理解しようとして行き詰まるよりも、60%の理解で進んで、後から戻ってきた方が効率がいい。

 

を読んだ途端、理解できたんです。

 

あーぁ!そういうこと!!!って、これまた驚くほど理解できたんです。

 

車とか訳の分からないことを言うから、分からなくなるんだよ。

 

本来は、自分の理解力がないのを棚に上げて、

他人を責めてはいけませんが、

でも、『良い師に出会え』というくらい、

教えてくれる人は選んだ方がいい。

 

分からない分際で、先生を選ぶなと怒られそうですが、

分からない人のことを理解できていない状態の人に聞くと、

結局、余計に分からなくなる場合があります。

それと、やる気もなくなったり。。。

 

『政治家は難しい言葉を使わず、

 小学生でも分かる演説が出来る政治家がいい政治家』

という人がいるけれど、こういうことなんでしょう。

 

ほんとに優秀な人と言うのは、自分も出来るけれど、

他人へ説明するのも上手なんです。

 

中途半端な人ほど、難しい言葉を使い、理解出来ない状態にさせる。

そして、『分からない。』と困っている相手に、

平気で面と向かって侮辱する言葉を投げつける。。。。。。

 

同じことでも、説明が違うだけで

これだけ理解が変わるなら、

やっぱり指導者の役割だって重要なんでしょう、きっと。

 

有名なスポーツ選手だって、選手としては優秀でも、

監督として指導者としてはダメという人だって実際いますからね。

 

『ここをバーンってやって、そしたらコンってね。

 で、どどどどーーーーん。はい、やって。』

これを、どう理解して行動にうつせというのだろう。。。。。

 

プログラミングに意欲を燃やしていた時、

これくらいネットが発達していて、

さらに、このような理解のある記事が多々あったらな。。。。

 

私、プログラムちょっと理解できるじゃん。。。。

 プログラマーになれてたかもしれないね。。。

あくまでも、『かも』だけど。

 

 

でも、確かに当時の自分に少し思ってしまう。

 

『なんで、これが分からなかったの?』、

『なんで、自分で気がつけなかったの』って。。。

 

 

ま、今はやることがあるし、時間もない。

正直、プログラムを組むことに楽しさは感じない。

 

 

 なので、今後も韓国語と英語の勉強をやるぞー(^^)/

 

 

 

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト