韓国語翻訳の勉強始めました!! (たまに英語学習も。。。)

2年後に韓国語翻訳の仕事を始めることになりました(予定)韓国語全くの初心者が独学でどこまで翻訳の実力をつけられるのか、勉強過程を綴っているブログです。

不意打ちをくらって涙。。。。

『視覚探偵 日暮旅人』、

途中から見たのと、ハングル練習の時に

BGM程度に流し見をしてたので、

あまり内容はよく分かっていないのですが、

 

子供のていちゃんが、

自分のパパを守るために、自分が通っている幼稚園の先生に

少々きつめのことを言ってしまうのです。

 

先生が帰った後、

『ほんとは先生のことも大事なんだよ。

 でも、そんなにいっぺんにたくさんの人のこと

 大事に出来ないよ。 

 ていが子供だから。』と言い、

 

そのあと、

『てい、それは大人も同じだよ。』

と、誰か大人が言うのです。

(ごめんさない、画面を見ていなかったから、

 誰が言ったか不明です(^-^;)

 

それを聞いた途端、涙が。。。。

 

なんで?

 なんだか、最近涙腺がゆるいな。。。(._.)

 

 

私の人付き合いは、広すぎず狭すぎず普通だと思います。

(普通ってなんだ?って感じですが。。。)

 

たまにいる、異常に交友関係の広い人に言わせると、

『もっと積極的に、誰とでも仲良くなった方がいい。』と言われ、

 

交友関係のせまい人に言わせると、

『手広くたくさんの人と関わらず、目の前の人を大事にした方がいい。』

と言われます。

 

どっちだよ!???

と若いころから悩んでいますが、いまだに分かりません。

 

誰かれ構わず優しさをふりまくことはないのか、

それとも、多くの人と関わる方がいいのか、いまだにわかりません。

 

 あまりにも、皆に愛想よく対応すると、

『あの人は誰にでも愛想をふりまく八方美人』と悪口を言われるし。。。

 

 そうそう!この『八方美人』という言葉、

日本では、『誰にでも愛想をふりまくお調子者』というような

悪い意味で使われますが、

韓国では、『どこから見ても美人。多方面に才能のある人』と

ほめ言葉で使うそうです。

 

同じ言葉でも、国が違うと意味が全く違うようです。

 

韓国人と一緒に仕事をしていた時、

仕事に慣れるまで、色々な人に愛想をふりまき。。。

ということをしていました。

その時、韓国人から『あなたは八方美人だね。』と言われたのですが、

『誰にでも愛想をふりまくお調子者』と言われたのだと思い、

 

 面と向かって笑顔で嫌味言うとか、ひどい(´;ω;`)ウゥゥ

 と思ったのです。

 

その後、その韓国人にあまり笑顔で対応しないように気をつけていたのですが、

常に笑顔で話しかけてくるので、

『なぜこの人は私に悪感情を抱いているのに、話しかけてくるんだ?』

とずっと疑問を感じていました。

 

もしかすると、

ほんとにもしかするとですよ、

日本語の悪い意味で言ったわけではなく、

韓国語の良い意味で言っていたかもしれないのです。

(でも、私は美人ではないし、何も出来ないので、

 韓国語の意味である可能性は0%に近いです。)

 

今、その方とは連絡取り合っていないので

確認の取りようがないので、事実は闇の中です。

 

もし、あの韓国の方が、韓国語の良い意味で言ってくれていたとしたら、

あの方への私の態度は、とんでもなく失礼ですね(-_-;)

いまさらだけど、ごめんなさい。

 

『誰かれ構わずにこにこしてんじゃないよ。』という意味で、

注意されたのだと思っていたのです。

 

あの頃、

『日本人って気持ちが悪い。

 コンビニ等、どのお店に行っても笑ってくるし、

 日本人はへらへらし過ぎ。

 中国であんなことをしたら、なめられるよ。

 ほんとに日本人ってバカばっかり。』

と言っていた中国人がいたので、

それを聞いた私は、

その韓国人も中国人と同じことを思っていたのだと思ったのです。

 

コンビニにいる中国人の店員さんって

無表情の人が多いですよね。

当時、中国人にそれを聞いたら、

『中国ではあれが普通。日本人がニタニタし過ぎ。

 日本人は頭がおかしい。』と言ってました。

 

それと、中国と韓国では先に謝ったほうの負けらしいです。

 

私が会った人が言っていたことが全てではないと思いますが、

『日本人はごめん、すみませんと言い過ぎ。

 我々の国でそんなことをしたら、

 今、自分が悪いことをしたと認めたな!??

 じゃあ、責任をとれ!!!と言われて、色々要求されるよ。』

と言っていました。

 

ちなみに、日本でそのようなことをすれば、

恐喝・恫喝などの罪に問われる可能性があるので、

例えお客様であったとしても、あることをしてしまえば、

ただの○○になってしまいます。

日本は、そのような法に守られているから、

安心してニタニタ笑っていられるのです(*^-^*)

 

とは言え、国によって、言葉の意味も

笑顔の使い方も、謝罪も、結構とらえ方や使い方が違うので

怖いですよね。

 

そうそう、店員を呼びとめる時、日本ではすみませんと言うから、

『I'm  sorry.』とか、『Sorry』と言うことがありますが、

あの場合は、『Excuse  me』と言うのがいいそうです。

 

この『Excuse  me 』が結構便利で、

道を歩いていて、誰かにぶつかりそうな場合にも使えるそうです。

実際に、道で外国人とぶつかりそうになった時、

Excuse  me 』と言われたことがありました。

 

これを教えてもらったときも、

 

『日本に来て、なぜアメリカで日本人がSorry等と謝罪の言葉を

 言うのか分かった。

 

 日本人は、店員への呼びかけのつもりなんだろうけど、

 こっちからすれば、何もしてないのに、なんで謝ってるんだと驚くんだよ。

 日本人って、変だよね。』

とアメリカ人に言われたこともあります。

 

自分の罪を認め、謝罪が出来る礼儀正しい日本人。

国内では賞賛の対象ですが、

海外でやり過ぎると、少々危険なようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト